医療用機器・車いすなど福祉用品の有限会社きずな工房のトップページ

兵庫県の障害者向け車イス・バギーのオーダーメイドができる【有限会社きずな工房】では、立位・座位保持装置や介護用品の販売も行っています。

医療用機器・車いすなど福祉用品の有限会社きずな工房へのお電話。tel:079-232-8280
初めての方へ会社案内お問い合わせ
医療用機器・車いすなど福祉用品の有限会社きずな工房へ初めての方へ
有限会社きずな工房が機能、デザイン、使い心地を追及。あなたにピッタリの一台をお作りします。国内外の有名メーカーの商品を取り揃えております。きずな工房では、車いすやバギー、立位・座位保持装置(姿勢保持具)など障害者様向けの介護・福祉用具の販売を行っております。国内外の有名メーカー商品も取り扱っており、多くの商品からお選び頂けます。自社でもオリジナルブランドとして車イス・バギー・姿勢保持具のオーダーメイドも承っております。機能面・デザイン面も綿密に打ち合わせを行い、お客様のご要望の一台をお作りいたします。
医療用機器・車いすなど福祉用品の有限会社きずな工房でのお問い合わせから納品まで
医療用機器・車いすなど福祉用品の有限会社きずな工房へのご注文 医療用機器・車いすなど福祉用品の有限会社きずな工房からのご提案
医療用機器・車いすなど福祉用品の有限会社きずな工房へのご注文 お電話にてご相談下さい。 医療用機器・車いすなど福祉用品の有限会社きずな工房からのご提案 お客様のご要望の機能やデザインをお伺いし、快適な生活をサポートする商品のご提案をさせていただきます。
医療用機器・車いすなど福祉用品の有限会社きずな工房での製造 医療用機器・車いすなど福祉用品の有限会社きずな工房での調整
医療用機器・車いすなど福祉用品の有限会社きずな工房での製造 お打ち合わせした内容を元に、形にしていきます。 医療用機器・車いすなど福祉用品の有限会社きずな工房での調整 完成後の違和感をなくすため仮合わせをさせて頂きます。お客様と確認を取りながら修正・改良いたします。
医療用機器・車いすなど福祉用品の有限会社きずな工房での完成から納品 医療用機器・車いすなど福祉用品の有限会社きずな工房のメンテナンスサポート
医療用機器・車いすなど福祉用品の有限会社きずな工房での完成から納品 商品が完成します。製造過程にもよりますが、概ね45~60日程度で完成します。 医療用機器・車いすなど福祉用品の有限会社きずな工房のメンテナンスサポート 納品後のサポートもお任せ下さい。商品を快適にご利用頂くため、定期的なメンテナンスもお奨めしております。
医療用機器・車いすなど福祉用品の有限会社きずな工房の補装具とは 医療用機器・車いすなど福祉用品の有限会社きずな工房の支給対象者について
医療用機器・車いすなど福祉用品の有限会社きずな工房の補装具支給について 身体の欠損、あるいは損なわれた部分を補うもの、または代替するもの/日常生活・就学・就労のために身体に装着するもの/給付の際に医師の判定書または意見書が必要なもの 身体障害者手帳をお持ちの方(※本人または同世帯のご家族の方いずれかの所得が一定以上(市区町村民税50万円以上)の場合は除きます)
医療用機器・車いすなど福祉用品の有限会社きずな工房の補装具費支給制度のお手続きについて~身体障害者手帳があれば購入費用を大幅削減!(※18歳未満は下記追加書類も必要です)
補装具費支給制度は、予め申請をし、審査を受けて頂く必要がございます。
補装具費支給精度のお手続きについて【申し込み】市役所の障害福祉窓口(社会福祉事務所)で補装具費支給についての申請手続きをおこないます。/【判定(結果はセンターから区市町村の障害福祉窓口に連絡)】身体障害者更正相談所の指定した日にお越しいただく、または身体障害者移動相談日に判定を受けます。(18歳未満は指定の育成医療機関の意見書が必要です)/【手続き】障害福祉の窓口で、補装具費支給の手続きをします。/【支給券交付】判定書(意見書)に基づき支給券が発行されます。市役所障害福祉課から文書で連絡があります。/【補装具の製作】届いた支給券を弊社にお渡し下さい。製作に取り掛からせて頂きます。
※特別な事情で身体障害者更生相談所の判定を受けられない場合は、医師の意見書で判定を受けられる場合がございます。
※修理などについても至急事業の対象となる場合がございますので、詳しくは障害福祉窓口または弊社までご相談下さい。
※上記の流れはお住まいの市区町村によって異なる場合がありますので、詳しくは各市区町村にご相談下さい。
申請手続きに
必要なもの
・身体障害者手帳
・印鑑
・弊社の見積書(補装具費支給申請書)
・18歳未満の障害児は指定の自立支援医療(育成医療)機関の意見書
支給の対象となる補装具 ・義肢(義足・義手)、装具
・車いす
・歩行器
・電動車いす
・歩行補助つえ(一本杖除く)
・盲人安全つえ
・義眼
・眼鏡
・補聴器
・重度障害者用意思伝達装置
・座位保持装置
・(18歳未満のみ)起立保持具
・(18歳未満のみ)座位保持いす
・(18歳未満のみ)頭部保持具
・(18歳未満のみ)排便補助具
費用負担について 費用の1割の負担が必要(所得によっては上限あり)
耐用年数について それぞれ交付される補装具によって耐用年数があり、一定の年数が経過すると再交付を受けることができます。
医療用機器・車いすなど福祉用品の有限会社きずな工房の自社製品について 医療用機器・車いすなど福祉用品の有限会社きずな工房へのお問い合わせ